相続の際の2種類の土地の評価価格算出方法

相続の際の2種類の土地の評価価格算出方法
査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。

「まずは土地売却の基礎知識を知りたい」という方は、土地売却の記事をご覧ください。

はじめに

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」「倍率方式」の2種類があります。

路線価方式

路線価とは、全国の道路の価格のことで、評価したい土地が道路に面している場合は、路線価方式が採用されます。

路線価方式は「道路の値段×土地の面積」で土地の価格を算出されます。路線価は毎年7月1日に国税局や税務署で公表されており、無料で確認することができます。

例えば、30万円の価値が付けられた土地があるとします。

その土地の面積は奥行き18メートル、横10メートルとしましょう。

この場合、

土地の価格 = 30万(路線価) × 1.00(奥行価格補正率) × 180平方メートル(土地の面積)

となります。

上記の例だと、土地の価格は5400万となります。

奥行価格補正率ですが、これは宅地の奥行き距離に応じて定められた補正率のことです。

土地が道路に面しているといっても、土地の横幅がすべて面している土地、一部だけが面している土地があります。

その差を補正するために奥行価格補正率が定められているのです。奥行き補正率は国税庁のホームページに掲載されているので、参考にしてください。

倍率方式

倍率方式は、路線価が公表されていない土地の価格を算出するときに採用される方式です。

価格の算出は、「固定資産税評価額×評価倍率法」で求めることができます。固定資産税評価額とは、各市町村が定めた資産の評価額です。お住まいの市町村で参照してください。

また、評価倍率法に関しては国税局で公表されていますので、すぐに確認できます。

土地の価格は時価を算出するのが原則ですが、時価を算出するのは非常に困難なため、以上のような方式がとられています。

まずは、あなたが調べたい土地の路線価を調べるといいでしょう。

路線価が分かれば、路線か方式で土地の価格を求めることができます。路線価が公表されていなければ、倍率方式で求めるようにします。

 

 

土地の売却を少しでも検討しているのであれば、「自分の土地がいくらで売却出来そうか」を把握しておきましょう。

そのためには、不動産会社から査定を受ける必要があります。「イエウール」なら不動産会社に行かずとも自宅で24時間申し込みが可能です。自分の土地に適した不動産会社を紹介してくれるので、膨大な不動産会社の中から選ぶ手間も省くことができます。

まずは、自分の物件種別を選択してから査定依頼をスタートしてみましょう!査定依頼に必要な情報入力はわずか60秒で完了します。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

家屋の評価額

続いて、家屋の評価額算出です。

家屋に関しては、「固定資産税評価額×1.0」で求めることができます。

つまり、固定資産税評価額=家屋の評価額となります。

その他、「賃貸している土地や家屋」、「相続する土地が事業や居住で使用している」、などの場合は、上記の算出法とは異なります。

お近くの税務署などでお聞きになるといいでしょう。
他にも、詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】土地の価格いくら?