土地の価格を知る2種類の方法とは

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。

はじめに

土地の価格を知りたい場合は、国土交通省のホームページに「国土交通省地価公示」というページがあります。そこで、お知りになりたい地域の価格を見ることができます。

土地の価格は2種類ある

地価公示

地価公示とは、毎年1月1日を基準日として評価されます。全国約3万の地点である「標準地」を2人以上の不動産鑑定士が評価します。

その評価を土地鑑定委員会が妥当かどうか判定して毎年3月下旬頃に発表する価格のことです。

都道府県地価調査

一方、都道府県地価調査とは、毎年7月1日を基準日として、全国約3万の地点・「基準値」を1人以上の不動産鑑定士が評価します。

その後の流れは地価公示と一緒で、土地鑑定委員会が判定・講評する価格です。こちらは毎年9月下旬頃に公表されます。

地価公示と都道府県地価調査の違いは、「評価日が違う」、「評価する地点が違う」、「実施する母体が違う」、「元となる法令が違う」が挙げられます。あなたが調べたい土地に一番近い地点の地価をご覧になるといいでしょう。

最初に説明した「国土交通省地価公示」では、地価公示と都道府県地価調査どちらとも確認することができます。

不動産取引価格について

続いて、不動産取引価格についてですが、こちらも国土交通省が運営している「土地総合情報システム」というホームページの「不動産取引価格情報検索」で調べることが可能です。

不動産取引価格(土地総合情報システム)とは、平成18年度から実施されている四半期ごとの実際の取引価格のことです。

これは一般人には不明瞭な不動産市場を信頼・透明性のあるものにしようと採用された制度で、取引を円滑に、活性にすることを目的としています。情報は、実際に不動産の取引をされた方にアンケート調査を行うことで収集されています。

対象となるものは土地、建物、中古マンション、農地、林地です。

不動産取引価格には、土地の内容に関する「取引総額、坪単価、面積、1㎡あたりの単価、土地の形状」、全面道路に関する「幅員、種類(府道など)、方位」などが記載されます。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?