都心と地方の土地の価格下落幅に差は?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。

はじめに

近年、土地の価格は下落傾向にありますが、下落幅は都心と地方で異なっています。

その理由はさまざまですが、もともとの土地の価格差や土地に対するニーズが大きく影響しているものと思われます。

都心と地方の下落幅を比較

※2020年最新の全国公示地価について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

【最新版】2020年公示地価ランキング!「日本一高い土地」はどこ?

2013年1月1日時点の公示地価を見てみると、全国平均で住宅地が前年比1.6%、商業地が2.1%下落という結果になっており、全国の公示地価は5年連続で前年を下回っています。

2013年の東京都の下落幅は0.3%です。対して全国平均の下落幅は1.8%

また、2012年の下落率は、東京都が1.3%、全国平均が2.6%です。

次に、数年間のスパンで下落幅を見てみましょう。

東京都における2008年〜2013年の1平方メートルあたりの公示価格の下落幅は、平均で約25%です。1平方メートルあたりの平均価格は、2008年は約100万円、2013年は約75万円です。

全国平均は、2008年が約20万円、2013年が約17万円で、この期間の下落幅はだいたい15%です。

このように、2012年や2013年は都心より地方の下落幅が大きくなっていますが、2008年以降のやや長期的なスパンで見た場合には、都心の方が下落幅が大きくなっています。

大都市ほど下落幅が大きい傾向にある

では、東京都以外の大都市の下落幅はどうでしょうか。

2008年以降の下落幅を見てみましょう。

2008年の神奈川県の公示価格は1平方メートルあたり約24万円で、2013年は約22万円。下落幅は約8%です。

2008年の大阪府の公示価格は1平方メートルあたり約26万円で、2013年は21万円。下落率は約19%です。

2008年の埼玉県の公示価格は1平方メートルあたり約17万円で、2013年は約14万円。下落幅は約18%です。

2008年の愛知県の公示価格は1平方メートルあたり約17万円で、2013年は約14万円。下落幅は約18%です。

神奈川県の下落幅は全国平均より小さくなっていますが、大阪府、埼玉県、愛知県は大きくなっています。

一概にはいえませんが、全体的には大都市ほど下落幅が大きい傾向にあるといっていいでしょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?