駐車場投資はローリスクで始められる?|メリットや事前準備を解説

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

土地活用の方法はさまざまありますが、その中でも特にローリスクで始めやすいのが、駐車場投資です。土地活用を考える際、収益を上げることも重要ですが、リスクを抑えられることも大切です。

利益獲得の可能性が高くても、ハイリスクだと失敗したときのダメージが大きく、大きな損失を出してしまうこともあります。駐車場投資で失敗しないためにも、メリットやデメリットをはじめ、土地活用開始のためのポイントなども知っておきましょう。

駐車場経営のメリット

土地活用として駐車場投資を選ぶメリットは、次の5つがあげられます。

 

  • 住宅などの投資に比べて初期投資が少ない
  • 車1台分のスペースでも可能
  • 転用が比較的簡単
  • 開始までの期間が短い
  • 小規模なら資格もいらない

これらのメリットを把握し、駐車場投資がいかに魅力的な土地活用の方法なのかを知っていきましょう。

住宅などの投資に比べて初期投資が少ない

土地活用の中でも比較的低コストで始められる点が、駐車場投資のメリットです。住宅を建設して賃貸経営する場合と比較するなら、初期投資は大幅に削減できるでしょう。

賃貸経営の場合、建築費に最低でも1,000万円以上かかるケースが多く、駐車場投資の何十倍ものコストが必要なことも少なくありません。一方、駐車場経営の場合、どのような形態で始めるかによって費用は異なりますが、安いと数十万円程度、高くても100万円程度である場合が多いです。

少ない初期投資で始められるので、初めて土地活用をする人や、資金面に不安がある人でも取り組みやすい点も魅力です。

車1台分のスペースでも可能

土地活用を考える際、ある程度の広さが必要なケースも多いことでしょう。駐車場投資であれば、最低車1台分のスペースさえあれば経営を開始できます。

狭い土地や変形地では、活用方法が限られることも多いですが、駐車場投資ならそれほど気にならない点も大きなメリットです。もちろん、広い土地なら駐車可能台数も増えるので、より収益化を目指しやすい点も覚えておきましょう。

狭い土地でしか経営できないわけではなく、広い土地から狭い土地、変形した土地など、さまざまなシチュエーションで経営できる点は駐車場投資のメリットです。

転用が比較的簡単

土地活用の方法は1つではなく、タイミングに合わせて別の方法へ転用することもあります。駐車場投資なら他の活用方法への転用が比較的簡単であり、別のアイデアが思い浮かんだときに、即座に行動しやすい点もメリットです。

例えばコンクリート舗装したところに、駐車スペースの線引きをしているだけなら、土地を整備し直すだけで別の方法に素早く転用できます。設備を導入している場合でも、それを撤去して土地を整備するだけなので、それほど手間はかからないでしょう。

賃貸住宅の場合は物件の売却や取り壊しなどに手間がかかりますが、駐車場投資なら転用までのスピードが非常に速いです。

開始までの期間が短い

土地活用をしたいと思い立ってから、実際に経営を開始できるまでの期間が短いことも、駐車場投資ならではのメリットです。簡易的な駐車場を作る場合は、土地の整備をするだけで経営を開始できるので、1ヶ月以内にスタートできることもあるでしょう。

また、土地の上に建物がある場合でも、取り壊しをして土地を整備するだけなので、それほど時間はかかりません。もし設備を導入する場合でも、工事の時間は短期間で済むので、素早く土地活用を始めたい人にもおすすめです

小規模なら資格もいらない

小規模な駐車場を経営する場合は、資格や営業の届け出などは不要です。届け出などの特別な手続きなしで経営を開始できる点も、駐車場投資のメリットです。

事前の申請が必要なのは500平方メートルを超える大規模な駐車場を始める場合であり、かつ次の3つの条件に当てはまるケースに限られます。

 

  • 不特定多数が利用できる駐車場
  • 都市計画区域内であること
  • 利用料金を徴収するもの

つまり、不特定多数の人の利用を許可していない契約制の駐車場や、都市計画区域外にある土地であれば、届け出は不要です。面倒な手続きなしですぐに経営を開始できるでしょう。

ただし、営業の届け出は不要であるものの、利益を得た分は事業収入として確定申告しなければならないので、この点は覚えておく必要があります。

駐車場経営のデメリット

多数のメリットがある駐車場投資ですが、同時にデメリットもあることは理解しておきましょう。以下の2つのデメリットを知らずに経営を開始してしまうと、思わぬところで失敗する可能性があります。

 

  • 住宅投資と比べると税負担が大きい
  • ローリターンである

 

駐車場投資ならではのデメリットは正しく把握しておき、自分に合った土地活用方法かどうかを考えておくことが大切です。

住宅投資と比べると税負担が大きい

住宅投資と比較すると、駐車場投資は税負担が大きい点がデメリットです。住宅投資の場合は、土地の上に建物があることで、固定資産税や都市計画税などの減税措置が適用されます。

1戸に対して200平方メートルまでの部分なら、固定資産税は6分の1に、200平方メートルを超える部分については3分の1に軽減されます。また、都市計画税は200平方メートルまでの部分は3分の1に、200平方メートルを超える部分は3分の2になるので、ランニングコストは大幅に削減できるでしょう。

対して駐車場ではこれらの減税措置は受けられないので、固定資産税と都市計画税の両方が、土地の評価額に応じてかかります。仮に200平方メートルの土地で固定資産税が12万円かかるとすると、減税措置がある場合の負担は2万円となり、毎年10万円ほどの大きな差になることは理解しておきましょう。

ローリターンである

ローリスクで始められることは駐車場投資の魅力ですが、リスクが少ない分リターンも小さいことは頭に入れておきましょう。住宅投資と比較すると収益性は大幅に違い、リスクの高い住宅投資のほうがハイリターンを期待できます。

そのため、土地活用で大きな収益を得たい人には不向きな方法であり、長期で見て堅実に収益を獲得したい人に駐車場投資はおすすめです。

同じ面積で土地活用をしたとしても、高額な家賃収入が得られる住宅投資とは違い、駐車場経営では得られる利益の最大値が低くなりやすいことは理解しておきましょう。

駐車場のタイプとメリットやデメリット

駐車場投資には2つの経営タイプがあり、それぞれでメリットとデメリットが異なります。一概にどちらが優れた投資方法と決まっているわけではありません。そのため、タイプごとの特徴のメリットとデメリットの違いを把握して、どちらが自分に合っているかを考えてみましょう。

定額制の月極駐車場

契約者のみに駐車スペースを利用させる月極駐車場は、定額制のサービスとなります。駐車場契約をした人のみの利用となるので、いかに契約者を獲得できるかが利益を上げるポイントです。

月極ならではの経営方式やメリット、デメリットを把握して、さらに特徴を理解していきましょう。

月極駐車場の経営方式

月極駐車場は、自己経営と管理委託、一括借り上げの3つの経営方式があります。

自己経営は駐車場の整備や管理、利用者からの月額の集金などをすべて自分で行います。もっとも利益が大きくなるのは管理会社を利用しない自己経営ですが、駐車場の管理や利用者からの集金などに手間がかかります。

管理委託は管理会社に駐車場の保全や利用者への対応、集金などの一部業務を委託する方法です。管理委託は管理料を支払う必要がありますが、経営における業務を業者に代行してもらえるので、手間をかけずに利益が得られる点がメリットです。

一括借り上げは業者に土地、または駐車場を借り上げてもらい、経営のすべてを任せてリース料を受け取ります。一括借り上げは管理委託よりも手間を省くことができ、かつリース料として収入を得るので駐車場の利用状況に関係なく利益を得られます。

ただし、満車になった際の利益は自己経営や管理委託よりも少なくなり、あくまで空車リスクを避けられる点がメリットと考えましょう。

月極駐車場のメリット

月極駐車場のメリットは、初期費用を抑えられる点や契約者の獲得により賃料が安定する点にあります。月極駐車場の場合、設備投資はほとんど不要であり、土地を整備して個人ごとの駐車スペースを区分けするだけで始められます。

そのため、数十万円程度の費用で経営開始できることが多く、初期費用をかけたくない人におすすめです。また、月極では最低1ヶ月以上の契約となり、長いと半年や1年などの長期にわたって利益が得られることもあります。一度契約が決まれば、そこから長く収入が得られるので、投資としての安定性は高いです。

月極駐車場のデメリット

契約者を獲得できることで安定した収入が得られる月極駐車場ですが、利用者がいないと収入が大幅に減ってしまう点はデメリットです。駐車スペース1つあたりの単価が、空きが生まれることで0になるので、契約者が1人減るだけで利益の目減りは大きいでしょう。

また、管理方式によっては、利用者からのクレームやトラブルに対応しなければならないこともあります。管理委託や一括借り上げならこの手間はかかりませんが、自己経営の場合は契約後の対応も必要になることは覚えておきましょう。

時間制のコインパーキング

固定の契約者のみに駐車場を貸し出す月極以外にも、時間制のコインパーキングというタイプもあります。

コインパーキングは不特定多数の人が利用できるので、面積やエリアの要件次第では営業開始前に届け出が必要です。また、月極とは違った特徴があるので、これも把握しておきましょう。

コインパーキングの経営方式

コインパーキングの経営方式は、設備の設置を自分で行う自己経営と、設備の設置から経営までを管理会社に任せる一括借り上げがあります。

自己経営は経営開始やその後の管理に手間がかかるものの、より多くの利益を獲得しやすいです。

一方、括借り上げは経営開始までの手間を削減できますが、管理会社からリース料を受け取る経営方式なので、自己経営より収益性は下がります。

駐車場経営の手間と利益のどちらを求めたいかによって、経営方式を選ぶことがおすすめです。

コインパーキングのメリット

駐車場の稼働率が高いほどより多くの利益を獲得できるという点は、コインパーキングのメリットです。月極駐車場とは違って不特定多数の人が利用できるので、利用者が増えるほど得られる収益は上がるでしょう。

また、コインパーキングの場合は精算機などの設備を導入するので、空きスペースがあっても違法駐車をされづらいです。駐車スペースのみ用意されている月極駐車場とは違い、違法駐車などによる利用者からのクレームなどが入りづらい点も、コインパーキングのメリットといえます。

コインパーキングのデメリット

土地の整備や設備の導入など、初期費用が高くなりやすい点はコインパーキングのデメリットです。精算機やロック板などの導入には費用がかかり、月極駐車場と比較するとコストは高いです。

例えば精算機は1台40~50万円程度、ロック板は1台分で10万円前後かかることも少なくありません。これらに工事費が40~60万円程度かかるので、場合によっては100万円以上の初期費用がかかることもあります。

コインパーキングは収益性が高い分、初期費用も高額であり、費用回収までに時間がかかりやすいことも覚えておきましょう。

駐車場経営を始めるにあたりやっておきたいこと

駐車場投資を始めるにあたって、事前にやっておきたいことがさまざまあります。いきなり投資を始めると失敗する可能性が高いので、事前準備は徹底しておくことが大切です。

駐車場投資を成功させるためのポイントを把握して、無理のない方法で収益化を目指しましょう

立地エリアの需給バランスのリサーチ

まずは活用したい土地の立地から、需要と供給のバランスをリサーチしておきましょう。エリアによって月極とコインパーキングのどちらが需要を獲得しやすいかは異なります。

住宅地などで固定の駐車場需要が見込めるようなら、月極がおすすめです。反対に、観光地などで不特定多数の人が車で移動することが多いエリアであれば、コインパーキングが向いているでしょう。

エリアによってどちらのタイプが向いているのかは違うので、立地ごとの特徴や周辺に競合となる駐車場がないかなどは、念入りにリサーチしておくことが大切です。

収益シミュレーションや利回り計算をする

実際に駐車場投資を行った場合にどれくらいの収益が出るのかをシミュレーションしたり、利回りを計算したりすることが大切です。シミュレーションの際には、初期費用やランニングコスト、満車時の最大利益や実際に見込める利用者数などを考慮して計算しましょう。

また、収益性を考える指標として利回りがあり、これを計算しておくことも大切です。利回りは表面と実質の2つがあり、それぞれの計算方法を知っておきましょう。

表面利回り=1年間の収入÷投資金額の合計×100
実質利回り=(1年間の収入-経費)÷投資金額の合計×100

シミュレーションをするにあたっては、かかったコストも含めて計算する実質利回りを見ることが大切です。実質利回りがいくらか、周辺の駐車場や不動産投資物件と比較して低くはないかなどもチェックしておきましょう。

専門家に相談する

駐車場投資を始め、土地活用は素人だけで成功させるのは難しいです。そのため、専門家に相談して、アドバイスを受けてから始めることがおすすめです。土地活用で失敗しないためにも、専門家と相談しながら最適な方法を見つけていきましょう。

委託業者は複数社から選んで比較しよう

駐車場投資は業者に管理を委託することがおすすめですが、委託する業者は複数社から比較して選びましょう。業者によって管理費は異なり、コストが高いと収益は減ってしまいます。

そのため、一括査定サイトなどを利用して複数社で比較し、より条件の良い業者に駐車場の管理委託や一括借り上げを依頼することがおすすめです。

信頼できる会社かを見極める

業者の信頼性も重要であり、契約する際にはこれを見極めなければなりません。委託を検討している業者が管理している物件を実際に見たり、ネットでの口コミを参考にしたりして、信頼できるかをチェックしましょう。

また、管理実績を確認することもおすすめです。駐車場管理の実績が豊富か、利用者からの満足度が高いかなどもチェックしておくことで、信頼性は見極めやすくなります。

土地活用の専門家探しならイエカレがおすすめ

土地活用の専門家を探す際には、一括相談サイトのイエカレがおすすめです。土地活用は方法によってどの専門家に相談すべきかが異なるので、複数の業者をまとめて比較できるサイトがおすすめです。

イエカレなら多数の専門家から資料を一括で請求できるので、土地活用についての疑問を解消しやすいでしょう。また、収支計画書を作ってもらったり、市場分析のサービスを実施してもらえたりもするので、所有している土地に合わせた経営プランを見つけやすい点も魅力です。

駐車場経営で土地を有効活用しよう

少ない初期投資で行える駐車場経営は、土地活用の方法としておすすめです。確実に収益を上げるには、エリアごとの需要と供給のバランスを確認し、どのような経営スタイルが合っているかを見極めることが大切です。

また、専門家に相談することも重要であり、アドバイスを受けて適切な土地活用の方法を見つけていきましょう。駐車場投資を成功させるには、イエウールのパートナーであるイエカレをおすすめします。

こちらは運営開始から10年以上続く、日本最大級の一括相談サイトです。資料の一括請求サービスの提供とともに、賃貸経営に関する不安やお悩みを解決できるような情報も充実しています。ご利用は以下のリンクから無料で試すことができます。

【完全無料】最適な土地活用って?