50坪の土地でも土地活用できる? 収益性を高める活用方法まとめ

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

50坪の土地活用を考えて、本当に土地活用で収益性を高められる?

土地にかかる固定資産税から活用した方がいいとはわかっているけれど…と考えていませんか?

50坪の土地活用を考える際には、この土地の広さでできる活用方法はあるのか、収益はちゃんと出るのかと思われることでしょう。

ここでは、50坪の土地で実際に何ができるか活用方法をご説明します。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

人気の土地活用については、以下のランキングを確認することをおすすめします。

50坪の土地でも土地活用できる?

50坪の土地で土地活用はできるのだろうか…賃貸経営なんてできないのでは…と思われるのではないでしょうか。

確かに、土地活用では坪数の多さやどのくらいの広さかが重要です。土地が広ければ広いほど、様々な用途の土地活用が可能となります。

とは言っても、50坪もなくてもできる土地活用はありますし、50坪に満たない土地で収益の出る活用をされているケースもたくさんあります。

50坪の土地で土地活用や賃貸経営は十分にできる

国土交通省や財務省が管轄している住宅金融支援機構が公表しているデータでは、住宅面積(床面積)の平均は以下のように公表されています。

物件の種類 住宅面積
注文住宅 126.8㎡≒38.36坪
土地付き注文住宅 112.2㎡≒33.94坪
中古戸建て 111.7㎡≒33.79坪
建売住宅 100.8㎡≒30.49坪
マンション 68.3㎡≒20.66坪
中古マンション 65.9㎡≒19.93坪

この表からは、土地50坪は約165平方メートルの広さで、平均的な住宅面積は約38坪程度であることから、戸建ての家を建てるとしたら十分な広さであることがわかるでしょう。むしろ、家を建てて少し庭や駐車場もできる広さです。

ここから考えると、賃貸経営は十分できると言えますし、またアパートやマンションが建てられるということは大体の活用ができるでしょう。

ただ、土地活用は費用もかかれば50坪の土地ではそこまで収益化はしないし、売却してしまえばすぐに収益を手に入れられるかも、と考えられるかもしれません。

土地活用と売却は収益から考える

50坪の土地を活用したいとは思いつつ、現実的に考えて売却も視野に入れて悩まれている方も多いかと思います。

売却も視野に入れている場合には、まずは不動産会社に売却の相談をしましょう。
おすすめの方法としては、不動産会社に査定してもらい売却した場合の金額を確認しつつ、土地活用会社に活用した場合の収益プランを試算してもらう方法です。

また1番活用しやすい方法は、土地をそのまま貸す方法です。不動産会社にまとめて、売却するとしたらいくらになり、貸すといくらになるか試算してもらうと良いかもしれません。

50坪の土地にどのような活用方法が適しているか検討したい場合には、土地活用会社に相談してみることをおすすめします。

土地活用の相談は一括比較サイトを利用

土地活用で迷ったときには、専門家に相談してみる方法がおすすめです。専門家によるアドバイスを受けることで、その土地に合った活用方法を見極めやすくなります。土地によってベストな活用方法は違うからこそ、専門家と相談しつつ、よりリスクの低い方法を選びましょう。

土地活用の方法を相談するなら、完全無料で利用できる一括比較サイトがおすすめです。土地はどのような方法で活用するかによって、相談先が異なります。そのため、個別に企業へ相談するのは効率が悪く、活用開始までに時間がかかってしまいます。

一括比較サイトなら複数の活用のプロにまとめて相談できるため、よりスムーズに適切な活用方法を見つけやすいものです。契約するまでは無料で相談できますし、まずは、チャットでカンタンな情報の入力を済ませて企業からプランを取り寄せてみましょう。

土地活用比較サイトの利用手順
土地活用比較サイトの利用手順

それでは、使用していない土地50坪の収益性を高める活用方法をご紹介します。

50坪の土地活用で収益性を高める活用方法

まずは、収益性を高められる以下の活用方法において、初期費用と収益性等からおすすめ度をご紹介します。

おすすめ度 初期費用 収益性 節税効果
アパート経営
マンション経営
戸建て賃貸経営
賃貸併用住宅
集合住宅経営
コワーキングスペース
商業施設の貸店舗
コインランドリー経営

それでは、この50坪の土地活用で収益性を高められるおすすめの土地活用方法をご説明します。

アパート経営

50坪の土地であればアパートなどを建てて賃貸経営をする方法があります。
戸建て住宅の平均は約38坪であるため、より広い50坪であれば戸数の少ないアパートなら経営はしやすく、十分に建設が可能です。

大体、50坪の土地であれば家族5~6人くらいの戸建てが建てられるため、部屋数は5部屋で大人5人くらいが生活するためのアパートであれば建てられるでしょう。

1人ずつからそれなりの家賃を払ってもらえることから、収益性の観点から見ると戸建て賃貸よりも効率が良くなるでしょう。

全室5室で1室5万円のアパートを2500万円で建てて、稼働率80%のまま20年アパート経営を続けて2800万円で売却したとします。
得られる収益は以下のように計算できます。


インカムゲイン

  • 収益:5万円 × 12ヶ月 × 5室 × 20年 × 80% = 4800万円
  • 表面利回り:5万円 × 12ヶ月 × 5室 / 2500万円 = 12%
  • 実質利回り:5万円 × 12ヶ月 × 5室 × 80% / 2500万円 = 9.6%

キャピタルゲイン

  • 売却価格2800万 – 建築価格2500万 = 300万円

総収益

  • 4800万 + 300万 = 5100万円

メリット

メリットは、収益性の高い点です。駐車場経営やトランクルーム、土地を貸すだけと比較して、住居は人間の生活に必要なものであるため、収益化はしやすいでしょう。
また、建物を建てることで固定資産税は1/6に都市計画税は1/3となる上に、相続において土地評価額は約20%減額されます。

デメリット

一方で、初期費用が高くなる点はデメリットでしょう。アパート経営などは建物を建てての活用となるため、失敗した場合には多額の借金を抱えるリスクもあります。
相場や立地、周辺ニーズを読み違えると空室リスクもあり、全く収益化しないどころかマイナスとなる可能性も考えられます。

向いている土地

アパート経営に向いている土地は、以下のような土地です。


  • 住宅地に近いなど住環境の良い土地
  • 駅前など交通の便が良い土地
  • 地価の高い土地
  • 賃料の相場が高いエリアにある土地

マンション経営

マンションの平均的な床面積は約21坪である点から、50坪であればマンション経営をする方法もあります。
アパート経営ではセキュリティの観点や設備の問題から、近年はマンション経営の需要は高まっています。

50坪でアパートを建てる場合は、間取りをワンルームにすれば問題なく建てられるでしょう。

アパート経営と同じ立地や相場でも、オートロックで防音性を高くする、無人の宅配ボックスを設置するなど設備を充実させることで、50坪でも十分にアパート経営より儲かる

1室7万円(3室/1階の4階建て)のアパートを8000万円で建てて、稼働率80%のまま20年アパート経営を続けて4000万円で売却したとします。
得られる収益は以下のように計算できます。


インカムゲイン

  • 収益:7万円 × 12ヶ月 × 12室(3室×4階) × 20年 × 80% = 1億6128万円
  • 表面利回り:7万円 × 12ヶ月 × 12室 / 8000万円 = 12.6%
  • 実質利回り:7万円 × 12ヶ月 × 12室 × 80% / 8000万円 ≒ 10.1%

キャピタルゲイン
4000万円

総収益

  • 1億6128万 + 4000万 – 8000万 = 1億2128万円

メリット

マンション経営のメリットは、節税効果を期待できるかつ安定した不労所得を得られる点です。

基本的にマンション経営は、建築もしくは購入し管理を依頼するまでは動くことが多くありますが、契約がすべて終われば家賃収入の振り込みを待つだけになります。

また、家賃収入からローンなど初期費用の返済に充てられるため、ほぼ自己資金なしで資産形成できます。

デメリット

一方のデメリットとしては、失敗してしまうと多額の借金リスクや、そもそもローンの利用が難しいケースがあります。

それは資産価値の減少や相場から考えたときに、家賃が下落するリスクがあるからです。
空室リスクなどもあるため、デメリットやリスクはないか考えておくことをおすすめします。

向いている土地

マンション経営に向いている土地は、以下のような土地です。


  • 駅に近い土地
  • 都心に近い土地
  • 住宅地にある土地
  • 生活環境が整っている土地

所有している50坪の土地でマンション経営が可能かどうかは、不動産会社に相談してみることをおすすめします。

戸建て住宅の賃貸経営

50坪なら平均的な戸建てより広く住宅を建てられるため、戸建てを建設して賃貸経営をする方法もあります。

戸建て住宅であれば、まとまった金額を払ってもらえるファミリー世帯に貸せるため、安定した収益を得られるでしょう。

月10万円の戸建てを2000万円で建てて、稼働率80%のまま30年続けたとします。
得られる収益は以下のように計算できます。


インカムゲイン

  • 収益:10万円 × 12ヶ月 × 80% × 30年 = 2780万円
  • 表面利回り:10万円 × 12ヶ月 / 2000万円 = 6%
  • 実質利回り:10万円 × 12ヶ月 × 80% / 2000万円 ≒ 4.8%

戸建て賃貸の場合は、土地と家を手放さないことを前提にして考えていく方が多いと思います。費用を抑えつつ、何年で費用を回収するか考えて行くと良いでしょう。

メリット

戸建ての場合は集合住宅よりも初期費用が抑えやすく、かつファミリー層の需要を獲得しやすい点がメリットです。エリアによっては戸建てのほうが需要もあり、空室リスクも回避しやすい場合もあります。

さらに戸建てであれば、賃貸経営をやめたいと思ったときに、自分で住む、あるいは売却して手放すなどの手段を取りやすいでしょう。集合住宅を1棟丸ごと買い取りたいという人は少ないかもしれませんが、戸建てなら買主を見つけやすく、出口戦略が立てやすいこともメリットの1つです。

デメリット

デメリットは、立地が良くない場合には全く借り手が見つからないことも考えられる点です。
また、戸建てで収入が1世帯に依存してしまうため、収入リスクがある点はデメリットでしょう。

リスクを考えるのであれば、賃貸併用住宅にするなどの方法もあります。

向いている土地

戸建て住宅に向いている土地は、戸建てであれば生活のしやすい土地です。


  • 住宅地
  • 駅やバス停に近いなど交通の便が良い土地
  • 静かで生活環境の整っている土地
  • 小学校や中学校などの施設が揃っている土地

賃貸併用住宅の経営

賃貸併用住宅は、自分が居住する住宅と賃貸収入を得るための賃貸物件を一緒にした住宅のことです。

50坪の土地であれば十分に戸建てを建てられることから、戸建てと同じ容量もしくは少し大きめの容量にした賃貸併用住宅の建築は十分に可能です。

また、間取りや設計には縦割りと横割りがあり、様々な家族構成に対応できるでしょう。

メリット

賃貸併用住宅のメリットは、住宅と賃貸物件を同時に手に入れられる点です。

住むところと収益を得るための物件を、住宅ローンを利用して建てられることから、住宅を建てる費用を抑えられるでしょう。
場合によっては、賃貸収入でローンの返済を賄うことも可能です。

デメリット

賃貸併用住宅のデメリットは、ローンの返済が滞ったりした場合には、住むところも失ってしまう可能性がある点です。

また、入居者トラブルも考えられますし売却も難しくなります。
賃貸併用住宅を建てる場合には、デメリットやリスクを踏まえて検討することをおすすめします。

向いている土地

賃貸併用住宅に向いている土地は、以下のような土地です。


  • 住宅地にある土地
  • 交通の便が良い土地
  • 賃貸の需要がある土地

集合住宅の賃貸経営

アパートやマンションを建てられるほど広くなく、高さ制限もある場合には、集合住宅を建てて賃貸経営する方法もあります。

1階に2世帯ずつの住宅で2階建ての集合住宅を建てると、4世帯が居住できる集合住宅を建てられるでしょう。

集合住宅の管理方式としては、一部の管理業務を管理会社に代行してもらう管理委託や、物件を丸ごと借り上げてもらって賃料を受け取るサブリース契約自分で管理をする自己管理方式があります。

家賃収入を増やしたいなら自己管理方式や管理委託がおすすめですが、物件管理の手間を減らし、かつ空室リスクも回避したいなら、丸ごと借り上げのサブリース契約が良いでしょう。

全4世帯分の住居で1室8万円の建物を2500万円で建てて、稼働率75%のまま10年アパート経営を続けて3000万円で売却したとします。
得られる収益は以下のように計算できます。


インカムゲイン

  • 収益:8万円 × 12ヶ月 × 4室 × 75% × 10年 = 2880万円
  • 表面利回り:8万円 × 12ヶ月 × 4室 / 2500万円 ≒ 15.3%
  • 実質利回り:8万円 × 12ヶ月 × 4室 × 75% / 2500万円 ≒ 11.5%

キャピタルゲイン

  • 売却価格3000万 – 建築価格2500万 = 500万円

総収益

  • 2880万 + 500万 = 3380万円

メリット

集合住宅の賃貸経営をするメリットとしては、入居者を獲得することで長期間家賃収入が得られる点です。
1度、入居者を獲得できたなら長期間安定した収入が見込めるため、金銭的なメリットは大きいでしょう。

デメリット

ただし、空室が増えると収入は減ってしまい、損失を生むというリスクには注意しなければなりません。
また、戸建てよりも規模の大きい集合住宅を建てるには初期費用も高く、建物の維持管理にも費用がかかりやすい点は覚えておきましょう。

向いている土地

集合住宅の賃貸経営に向いている土地は以下のような土地です。


  • 住宅地に近い土地
  • 駅から徒歩10分以内もしくは交通の便が良い土地
  • 学校やスーパーなど生活しやすい土地
  • 都心に近い土地

コワーキングスペース

50坪の土地であれば、シェアオフィスなど需要の高まっているコワーキングスペースを建てて活用する方法があります。

リモートワークやテレワークが増えても、家では集中しにくいことから1人で作業に集中できるスペースの需要は高まっています。
50坪もあれば、住宅よりは狭い空間にして数を増やすことで、十分に収益を得られるスペースとできるでしょう。

メリット

アパートやマンションなどの1室と同様に設備が必要ではなく、室数を増やせる点がメリットです。
1室やスペースあたりの賃貸料は少なくなってしまいますが、月額いくらで使い放題とすることで担保して人数を増やすと良いでしょう。

デメリット

デメリットとしては、立地や相場で左右してしまう点です。

住宅街などの50坪では全く需要が見込めないことや、駅地下であっても主要駅でない場合には利用者が少ないなどもあるでしょう。

どのような土地であるかを確認して始めることをおすすめします。

向いている土地

向いている土地は、以下のような土地です。


  • 主要駅に近い土地
  • オフィスに近い土地
  • 主要都市にある土地

商業地は貸店舗経営

住宅需要が見込みにくいエリアなら、テナントが入れるように貸店舗を作って賃貸経営をすることも1つの方法です。商業地なら貸店舗経営はしやすく、需要も見込めるでしょう。

また、住宅よりも高い賃料設定が可能であり、テナントが入るなら長期にわたって高収入を目指すことも可能です。しかし、貸店舗は立地や間取りによって需要が大きく左右されるため、建物を建設する際には事前のリサーチを徹底しなければなりません。

貸し出しができる店舗を作っても、そこで商売をしたいという人が現れないと利益は得られないため、周辺需要は念入りに確認しておくことが大切です。

メリット

メリットとしては、居住物件ではなく店舗となり企業が借りることから、賃料は高く継続して借りる傾向にあり収益性は高くなります。

貸す際の賃料を売上連動式にしておくと、店舗の利益と連動して賃料が上がるため、得られる収益も上がります。

また、大きな道路や高速道路に近ければ、人も集めやすくなり収益性も高くなるメリットがあるでしょう。

デメリット

デメリットとして、貸店舗のため人が集まりやすく、周囲から苦情が来るケースもあります

店舗のため企業の戦略上で撤退などがあると、契約は解消される傾向にあります。近くに工場や会社がある企業を選ぶと、安定して契約してもらえるでしょう。

向いている土地

商業地の貸店舗経営に向いている土地は、以下のような土地です。


  • 工場や会社に近い土地
  • ロードサイトなど交通の便が良い土地
  • 広大な土地
  • 都心に近く人通りの多い地域

コインランドリー経営

コインランドリー経営は、市街地であり住宅の多い土地に向いている活用方法です。

50坪に満たない狭い土地でも活用が可能で、50坪あればしっかりとした店舗仕立てのコインランドリーができるでしょう。

コインランドリー経営の初期費用には、約2,000万円ほどかかると言われています。また、初期費用の30~40%を自己資金から、残りを融資で始める方が多いようです。
ランニングコストとして固定資産税・水道光熱費など維持費用やフランチャイズ料は、売り上げの25%程度かかってきます。

収益と利回りは、立地や設備が関係し店舗によって異なってくるでしょう。

メリット

コインランドリー経営のメリットは、コインランドリー機器を設置するための建物を建てて活用となるため、固定資産税や相続税の節税ができます。

また、その都度の課金となる現金ビジネスであり、利回りはそこまで低くなくリスクはも少なくできる活用です。
土地の形や広さもそこまで気にしなくて良い点から、50坪の土地活用でも活用しやすいでしょう。

デメリット

コインランドリーとして活用するデメリットは、初期費用が高い上に活用の転用が難しい点です。

また、基本的に無人経営が可能ですが、利用者を選別できない点から防犯上の課題が残ります。

向いている土地

コインランとリー経営に向いている土地は、以下のような土地です。


  • 住宅街にある土地
  • 向上や小中学校、高校が近くにある土地
  • タワマンが多く立ち並ぶ土地
  • 都心に近く人通りの多い地域

50坪の土地活用で初期投資を抑えたい場合

50坪の土地活用

50坪の土地で、初期費用を抑えて土地活用したい方におすすめの活用方法をご紹介します。

それぞれ、初期費用や収益性からは以下のようなおすすめ度です。

おすすめ度 初期費用 収益性 節税効果
駐車場経営
駐輪場
トランクルーム

これらの活用方法について、メリットとデメリットをご紹介します。

駐車場経営

土地のあるエリア周辺で車需要が多いなら、駐車場経営をすることがおすすめです。駐車場には固定の契約者のみ利用できる月極と、誰でも利用できるコインパーキングがあります。

周辺に住宅が多く、かつ自宅に駐車場がなくて駐車スペースを探している人が多いなら、月極駐車場での活用がおすすめです。月極の場合は一度契約すると長期間安定した収入を得られるので、より堅実な土地活用ができます。

一方、観光地などで一時的に車を停めたいと考える人が多いなら、コインパーキングがおすすめです。コインパーキングは利用者の数によって収益は変動するものの、1日に何人も利用することで利益は大きくなります。場合によっては、月極よりも高い収益が得られることもあるでしょう。

50坪の土地であれば4台ほど停めることが可能で、高さに制限がなければ2階建てなどにすると、さらに多く停められるようにもできます。余裕を持つのであれば3台くらいに留めても良いでしょう。

メリット

メリットとしては、初期費用がそこまでかからずに収益を得られる点です。

月極とコインパーキング2種類の方法があることから、駐車場経営をすると決めてどっちの活用がいいか考えることもできます。

月極駐車場は土地を囲ってアスファルトを敷くだけで始められますし、コインパーキングはプラスしてシステムや機械を設置するだけで始められます。

デメリット

駐車場経営には節税などの優遇措置がないので税金コストは高く、賃貸住宅に比べると単価が低く収益性はそれほど高くありません。

しかし、駐車場から別の土地活用にも転用がしやすいため、将来的にやりたいことが決まっているものの、今は土地が余っているという状態なら、駐車場経営を始めてみても良いでしょう。

向いている土地

向いている土地は、車の使用率が高く停める理由のある地域です。
具体的には以下のような土地になります。


  • 住宅地
  • 駐車スペースの少ない地域
  • 商業店舗やコンビニが近くにある土地
  • 更地

バイク・自転車など駐輪場の経営

土地周辺で車を利用する人が少ない場合は、バイクや自転車などの駐輪場経営をすることも、土地活用の方法の1つです。駐輪場経営なら、駐車場よりも低コストで活用がしやすく、初期費用を抑えられます。

また、ぎりぎり50坪程度でそれほど広くない土地でも活用がしやすいため、土地面積を気にせず活用したい人にもおすすめです。

メリット

バイクや自転車は幅をとらないため、土地の面積を気にせずに活用できる点がメリットです。

自転車などは免許が必要なく、日常的に利用者はかなりいるでしょう。ですが、以外に駐車場は少なく、最近は取り締まりも厳しくなっていることから駐車場の需要は高まっています。

需要がある点もメリットと言えるのではないでしょうか。

デメリット

駐輪場のデメリットは、単価が安く収益性は低くなってしまう点です。

需要の高い土地であれば、2時間は無料でそれ以上は1日100円として数を多くする、または3時間200円として単価を高くすると考えられるかもしれません。

ですが、賃貸経営などと比較して収益性は高くならない点には注意しておきましょう。

向いている土地

土地が駅前にあるなど一定の需要が見込めるエリアなら、収益性の低い駐輪場経営でも、安定した賃料収入を得られるでしょう。


  • 駅前の土地
  • 大型店舗などや公共施設の近くにある土地
  • 繁華街に近い土地

トランクルーム経営

駐車場や駐輪場などの需要が得られないエリアでは、トランクルームを経営する方法もおすすめです。
トランクルームは、コンテナを並べる、あるいはコンテナ施設を建築して作る簡易的なものから、倉庫のように建物を建築して、1部屋ずつ貸し出すなどの方法があります。

  • コンテナ型:コンテナを並べただけのものや、廊下や階段を設置したコンテナ施設を建築する型式(主に郊外に多い)
  • ルーム型:日当たりの悪い一階や空き部屋・空きフロア等の建物の一部をロッカーやパーティション等で区分して貸し収納スペースとする型式(主に都市部に多い)

コンテナ型のトランクルームは郊外に多く、部屋を貸し出すルーム型は都市部に多い傾向があるため、エリアによって方法を変えると良いでしょう。

トランクルームの経営は、コンテナや倉庫をオーナーが建設し、業者に一括借り上げをしてもらい賃料を受け取るサブリース契約や、集金や管理のみの一部業務を委託する業務委託、業者に土地の権利を貸し出す事業用定期借地などの方法があげられます。

住宅需要が見込めない、あるいは駐輪場や駐車場でも需要が獲得できないなどの場合は、トランクルーム経営を検討することがおすすめです。

メリット

トランクルーム経営のメリットは、初期費用がそこまでかからない上に、収益性もそれなりに確保できる点です。

収益を高くする基本としては、最初にかかる費用を抑えて利益を大きくすることになります。
トランクルームは月いくらで長期間の契約となることから、継続して収益を上げられるでしょう。

デメリット

デメリットとしては、トランクルームの方法を考えなければ安全性の観点から利用者を確保できず、収益性は下がる可能性もあります。

しっかりしたトランクルームにしようとすると、初期費用や管理費用がそれなりにかかってくる点はデメリットになるでしょう。

向いている土地

向いている土地は、自宅や店舗などに荷物が入りきらないような狭い土地が多い地域です。
例えば以下のような土地が挙げられるでしょう。


  • 住宅地が密集している土地
  • 店舗がそれなりにある土地
  • 賃貸住宅の部屋が基本的に狭い土地
  • ワンルームが多い土地

50坪の土地活用を郊外や特殊な土地でする場合

50坪の土地活用を郊外や特殊な土地でする場合
所有している土地のエリアによっては、住宅や駐車場などの活用方法では需要が見込めないこともあります。

しかし、郊外や特殊なエリアにある土地でも活用方法がないわけではありません。特殊なケースの活用方法を知り、その土地に合ったやり方で収益化を目指しましょう。

おすすめの活用方法において、初期費用や収益性からは以下のようにおすすめします。

おすすめ度 初期費用 収益性 節税効果
太陽光発電
土地を貸す
市民農園
貸農園

これらの活用方法について、詳しくご説明します。

太陽光発電

エリアによっては建物が建てられない、あるいは建築が制限されていることもあります。特に、市街化調整区域では建設制限がかかりやすく、制限のある土地なら太陽光発電システムを導入する活用方法もあります。

太陽光発電システムを設置し、発電した電気を電力会社に売ることで、利益は得られます。

メリット

日当たりの良い場所なら効率的に発電でき、周辺需要に関係なく利益を獲得できます。

そのため、活用方法を見つけられない農地や山林、農地転用できない耕作放棄地なども活用で切る点はメリットでしょう。

デメリット

デメリットとして、収益性が低い点には注意が必要です。
また、初期費用は高く、これを回収するまでの期間が長くなりやすいことは覚えておきましょう。太陽光発電はより大規模な土地で行ったほうが効率が良いため、50坪だとやや狭いかもしれません。

もちろん、長期的に見ると収益は上げられるため、余っている土地を何とか有効活用したい人には、おすすめの方法でしょう。

向いている土地

太陽光発電に向いている土地は、建物を建てての活用に向かなかった土地です。
太陽の光がなければできない活用のため、太陽光を遮るもののない環境が重要となります。


  • 周辺に高い建物がない土地
  • 農地転用できない農地
  • 遊休地や耕作放棄地
  • 山林
  • 建物を建てられない広大な土地

土地を貸す

50坪の土地活用を考えて、1番楽に安定した収益を得られる活用方法は、そのまま土地を貸す方法です。

活用方法を考えたり、初期費用や利回りを細かく計算したりする必要なく、ただ土地を貸すだけで収益を得られます。

ただ、契約する際にはいくらでどのくらいの期間貸すのかなど決めておかなければ損するかもしれません。

土地を貸す際の定期借地権については、以下の記事もご覧ください。

メリット

初期費用が一切かからない点はメリットでしょう。
土地を貸すだけのため、利回りや活用にかかる費用を詳細に計算する必要もありません。

事業用定期借地権などで企業に土地を貸すことで、長期的に安定した収益を得ることも可能でしょう。

デメリット

土地を貸すだけですので、収益性はそこまで高くない点はデメリットでしょう。

また、契約方法をしっかり考えておかなければ、貸すことによって土地を失ってしまう可能性もあります。
契約方法や期間についてはしっかり考えて、契約書を作成しておくことが重要です。

向いている土地

向いている土地としては、自分で活用を見いだせない土地です。
自分で活用の難しい土地は、そのまま放置しても固定資産税がひたすらかかってくるだけですので、貸すことで固定資産税を払うくらいは収益を得られるでしょう。


  • 遊休地
  • 活用の難しい土地
  • 活用する予定がなく放置している土地

貸農園・市民農園

住宅や駐車場需要の少ない郊外では、貸農園として活用することも1つの方法です。
貸農園や市民農園として利用することで、土地を余らせることなく活用でき、利用者が増えると一定の収入が得られます。

メリット

貸農園のメリットとしては、農地として土地を貸すだけですので初期費用はかかりません。

ビニールハウスなどでいちご狩りやブドウ狩りなどとして活用する方に貸せた場合、観光地としてバスツアーを組むと地域の活性化にも貢献できるかもしれません。

農園は基本的に生産する場所で、土地としての生産性も高くなるでしょう。

デメリット

貸農園の場合は、建物がないため減税対象などにはならず、節税効果もない点には注意が必要です。
固定資産税などの優遇措置がない中でも、貸農園として活用することで本当に利益が見込めるかは、活用前に試算しておきましょう。

ただし、農園をやってみたい人がいるか、十分に採算が取れるかは事前に確認しておかなければなりません。

向いている土地

貸農園に向いている土地は、農地として利用していた土地や農地以外の利用が難しい土地です。


  • 農地転用できない土地
  • 農地として利用していた土地
  • 植物が成長しやすい土壌が整っている土地
  • 水の確保ができる土地

売却

50坪の土地活用が難しい場合には、売却するのもひとつの手です。

50坪の土地を活用することを考えても、活用には情報収集する時間や手間、費用などがかかってきます。

土地活用は始めたからといって必ずしも利益が出るわけではなく、場合によっては費用をかけても失敗して損をしてしまうことリスクもあります。
50坪で土地活用を始めて活用が難しいと感じた場合には、売却の検討もおすすめします。

メリット

土地を売却するメリットは、すぐに現金化できる点です。
土地を売却することで、活用する際と比較して固定資産税など税金や管理のための費用を支払う必要がなくなるため、費用も手間も省略できるでしょう。
また、土地や建物は相続の際に分割しにくく、相続問題が起こりがちです。しかし、売却により現金化できるため分割もしやすくなります。

土地活用を考えたものの田舎にあったり活用が難しかったりする場合には、活用にこだわらずに売却をおすすめします。

デメリット

土地を売却するデメリットは、資産を失ってしまうことです。

活用が難しくても貸すだけで簡単に収益化できますし、土地は資産として相続できます。
その資産を失ってしまって後悔しないか、将来的に損にならないか考えておくことをおすすめします。

50坪の土地活用で収益性を高めるポイント

50坪の土地活用は土地に合った活用で
50坪の土地を上手に活用して収益性を高めるには、自分に合ったやり方を見つけることが大切です。土地活用の方法に一定の正解はなく、土地によってどのやり方が適しているかは異なります。

50坪の土地で土地活用をする場合は、土地と収益性から目的と合っているか考えながら始めると良いでしょう。

初心者でもわかる!
記事のおさらい
50坪の土地でも土地活用できる?
平均的な住宅面積は約38坪であることを踏まえると、50坪の土地でも十分に土地活用はできると言えます。詳しくはこちらでご説明しています。
土地50坪でどんな土地活用ができる?
一戸建てや賃貸併用住宅などの賃貸経営はもちろん、トランクルーム経営なども可能です。まずはこちらをご一読ください。
50坪の土地で収益性を高める活用方法は?
収益性を高めるなら、アパートやマンション経営です。土地活用比較サイトを使って企業に相談することをおすすめします。詳しくはこちらでご確認ください。

50坪でできる土地活用を具体的に相談したいと考えた方は、土地活用の専門家に相談してみる方法もおすすめです。

土地ごとにベストな活用方法は違うからこそ、周辺需要や利益の安定性を考えて、もっとも適した方法を見つけることが大切です。自分に合った方法を見つけることで、50坪の土地も有効活用できるでしょう。

土地活用を成功させるには、土地活用一括比較サイトであるイエウール土地活用をおすすめします。まずは、無料でどんな活用が土地でできるのか確認してみると良いでしょう。

【完全無料】最適な土地活用って?