つなぎ融資とは何か?融資が必要なケースや利用時の注意点を解説

つなぎ融資とは何か?融資が必要なケースや利用時の注意点を解説
「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

不動産を購入する際には資金が必要ですが、自己資金が足りないということもあるでしょう。新たに不動産を取得する場合なら住宅ローンを利用できますが、ローンが実行されるまでの間に必要な資金が不足するということもあります。

この際に利用できるのがつなぎ融資であり、これを利用することで、自己資金が不足していても不動産を購入できます。つなぎ融資とはどのようなものなのかを知り、賢く活用して不動産の購入に役立てましょう。

毎年変化する不動産価格。今、おうちがいくらかご存知ですか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で現在のおうちの価格が分かります。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

「まずは家を売る基礎知識を知りたい」という方は、家を売る記事をご覧ください。

つなぎ融資とは

まずはつなぎ融資とはどのようなものなのか、基本的な理解を深めておきましょう。つなぎ融資はローン契約の1つであり、不動産購入時に利用できます。つなぎ融資の特徴を把握して、融資制度への理解を深めておくことが大切です。

住宅が完成するまでに必要な資金を融資すること

つなぎ融資は不動産を購入する際に利用できるローン契約です。住宅ローンを組んでいる場合でも、これが実行されて融資を受けるまでには時間がかかります。つまり、融資が実行されるまでの間の、一時資金として借りられるものが、つなぎ融資と考えましょう。

つなぎ融資を使うことで、不動産購入の際に必要な費用を捻出しやすくなり、自己資金が少なくても買いやすくなります。つなぎ融資によって借り入れたお金は使用用途が決まっており、建物の建築資金や土地の取得資金など、不動産購入にかかる費用に限定して利用できます。

住宅ローンと比較して金利が割高

金融期間によってローンの金利は異なりますが、つなぎ融資は住宅ローンより金利が割高に設定されていることが多いです。

借り入れ限度額が低いことや、借り入れ期間が短いことが理由。低金利だと融資のリスクに利益が見合わないので、これを解消するために、高金利で貸し出す場合が多いといえるでしょう。

利用するためには諸費用が必要

つなぎ融資を申し込む際には、申し込みの手数料が必要です。また、住宅ローンも同時に組む必要があり、この分の申し込み手数料がかかることも覚えておきましょう。

不動産を購入する際にはさまざまな費用がかかり、このコストをつなぎ融資で支払います。つなぎ融資で支払う費用としては、次の3つがあげられます。

  • 土地代金
  • 着工金
  • 上棟金

住宅の建設では、途中過程で支払いが必要になります。これらの支払いに、つなぎ融資の資金を使用します。

元金は一括で返済する必要がある

ローン契約は分割で支払うことが基本ですが、つなぎ融資の場合、元金は一括で返済しなければなりません。住宅ローンは不動産を購入してから何十年とかけて支払うのに対して、つなぎ融資は一括返済するので、支払い方法の違いは理解しておくことが大切です。

借り入れから返済までの流れ

実際につなぎ融資を利用して、借り入れから返済をするまでの流れを把握しておきましょう。

  1. 金融機関へつなぎ融資の申し込み
  2. ローンの審査を受ける
  3. 土地の購入と住宅の建設を依頼する
  4. 着工金を支払い、工事開始する
  5. 中間金を支払う
  6. 住宅が完成したら残金を支払う
  7. 登記手続きを行う
  8. 住宅ローンの審査を受ける
  9. 融資を受けてつなぎ融資を返済

まずは金融機関へつなぎ融資の申し込みを行い、ローンの審査を受けます。審査に通った後は、土地の購入や住宅の建設を始めて、着工金を支払います。着工金の支払いに、つなぎ融資で受けたお金を使います。また、工事開始後は中間金の支払いも必要があり、これもつなぎ融資でまかないましょう。

住宅が完成したなら、代金の残金を支払い、登記手続きを行います。その後住宅ローンの審査を受け、これに通ったなら融資額からつなぎ融資の元金を返済します。

つなぎ融資は住宅ローンの融資額で一括返済することが基本なので、住宅ローンを申し込む際には、あわせてつなぎ融資も利用することを金融機関に伝えておきましょう。

 

 

家の売却を少しでも検討しているのであれば、「自分の家がいくらで売却出来そうか」を把握しておきましょう。

そのためには、不動産会社から査定を受ける必要があります。「イエウール」なら不動産会社に行かずとも自宅で24時間申し込みが可能です。自分の家に適した不動産会社を紹介してくれるので、膨大な不動産会社の中から選ぶ手間も省くことができます。

まずは、自分の物件種別を選択してから査定依頼をスタートしてみましょう!査定依頼に必要な情報入力はわずか60秒で完了します。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

つなぎ融資が必要なケースとは

不動産を購入する際には、ローン契約が必要な場合が多いですが、つなぎ融資は必ずしも必要はわけではありません。そのため、どのようなケースでつなぎ融資が必要なのか、これを把握しておきましょう。

  • 注文住宅を購入する場合
  • 土地の取得費用が必要な場合
  • 引き渡し時に住宅ローンの融資が間に合わない場合

これら3つのうち、いずれかのケースに該当する場合は、つなぎ融資を利用すると考えましょう。

注文住宅を購入する場合

すでに建設されている住宅を購入する場合ではなく、一から建設する注文住宅を購入する際には、つなぎ融資を利用することが多いです。これは建設途中で代金の支払いが必要だからであり、建設の着工金や上棟金などを、つなぎ融資でまかなうと考えましょう。

もちろん、これらの費用を自己資金で支払える場合は、つなぎ融資は必要ではありません。あくまで住宅ローンを受けるまでに、まとまった資金を捻出しなければならず、自己資金が足りない場合につなぎ融資を受けると考えましょう。

土地の取得費用が必要な場合

住宅を建設する場合で、土地の取得費用が必要なケースでもつなぎ融資を利用します。これは住宅建設に費用がかかることはもちろん、土地の代金を先に支払う必要があるからです。土地の購入代金を自己資金から支払えない場合は、つなぎ融資で得た資金を使って支払いを行います。

土地をすでに購入している、あるいは自己資金で土地を購入できるなどの場合は、無理につなぎ融資を使う必要はありません。

引き渡し時に住宅ローンが間に合わない場合

住宅ローンを組んでいるものの、引き渡しを受けるまでに融資の実行が間に合わない場合も、つなぎ融資を利用します。つなぎ融資を使うことで、住宅ローンの融資が間に合わない場合でも、購入資金を支払うことができます。

住宅の購入資金を融資なしで支払える場合や、引き渡しまでに住宅ローンの融資を受けられるケースでは、つなぎ融資を利用せずとも問題はありません。

つなぎ融資を受けるときの注意点

不動産の購入時に便利なつなぎ融資ですが、これを受ける際にはいくつか注意点があります。

  • 銀行によっては取り扱いがない
  • 住宅ローン控除は適用されない
  • 返済の開始日によって出費が増える

注意点を把握して、つなぎ融資をリスクなく、スムーズに活用しましょう。

銀行によっては取り扱いがない

つなぎ融資はすべての金融機関が取り扱っているわけではなく、銀行によってはこの商品の取り扱いがないこともあります。そのため、利用できる金融機関が限られており、住宅ローンよりもその選択肢が少ないことは理解しておきましょう。

利用できる金融機関が少ないのでローン商品ごとの金利の比較がしづらく、好条件で融資してもらえる金融機関を探しづらいことはデメリットです。

また、場合によっては住宅ローンを受ける金融機関と、つなぎ融資を受ける金融機関が異なることもあります。この場合は2つの金融機関と連絡を取らなければならず、手続きに手間がかかりやすい点にも注意が必要です。

住宅ローン控除は適用されない

住宅ローンの場合は、毎年条件を満たすことで、長期間にわたって控除が受けられますが、つなぎ融資には控除がありません。つなぎ融資は住宅ローンが実行された時点で完済することを前提としているからであり、住宅ローンのように年度末まで残債を持ち越すことがない点が理由です。

住宅ローンでは控除を受けることで税負担が下がり、金銭的なメリットがありますが、つなぎ融資は単に一時資金を借りられるだけで、税金面でのメリットはありません。

返済の開始日によって出費が増える

つなぎ融資は住宅ローンを実行してからまとめて返済するだけではなく、建物が完成する前から返済をしなければならないものもあります。住宅の完成前から支払いが必要な契約だと、現在の住居にかかるランニングコストとローンの返済を同時に行う必要があり、出費が増えることは理解しておきましょう。

例えば賃貸住宅に住んでいて新居の建築をしている場合は、今住んでいる家の家賃に加えて、つなぎ融資の返済額が毎月のコストとして加算されます。

いつ返済が開始するかによって、出費が増えるケースもあるので、日々のコストを削減したいなら、住宅ローンの融資で一括返済できる契約タイプを選ぶことがおすすめです。

つなぎ融資の支払いが難しそうな場合の対処法

もしつなぎ融資の返済が難しそうな場合は、次の2つの方法で対処しましょう。

  • 親から借りるか贈与を受ける
  • 売り先行で不動産を売却する

これらの方法を用いることで、つなぎ融資の支払いもしやすくなります。

親から借りるか贈与を受ける

つなぎ融資の返済に困る場合は、親からお金を借りたり、贈与を受けたりすることがおすすめです。親から借りる場合なら金利なしで利用でき、返済期間も交渉次第で決められます。

また、贈与を受ける場合でも、住宅取得資金に利用する場合は、最大700万円までが非課税です。贈与を受ける場合は、年間110万円までは非課税となるので、この範囲内でお金を工面してもらうこともおすすめです。

売り先行で不動産を売却する

住み替えには買い先行と売り先行の2つの方法があり、つなぎ融資の支払いが難しい場合は、売り先行を選ぶことがおすすめです。

先に住んでいる家を売ることで、売却価格によって購入資金を捻出することができ、場合によってはつなぎ融資なしで新居を購入できます。売却と購入のタイミングが合わず、一次的に仮住まいが必要になった場合は引越し費用や家賃などは必要ですが、売却価格から新居の購入価格を決められる点は売り先行のメリットです。

資金を確保してから新居を購入するので、いくらまでお金を出せるかが明確に判断でき、資金計画を立てやすいでしょう。

不動産を高く売却するためのポイント

住み替えをする場合は、今住んでいる家をいかに高く売るかが重要です。高値で売却できることで、資金を捻出しやすくなり、住み替えの計画を立てやすくなります。不動産を少しでも高く売るには、次の3つのポイントを把握しておきましょう。

  • 不動産会社に査定を依頼する
  • 一括査定サービスを利用する
  • イエウールを利用する

これらのポイントを把握して、少しでも高値での売却を目指すことが、住み替えを成功させる秘訣です。

不動産会社に査定を依頼する

まずは不動産会社に査定を依頼して、家がいくらで売れるのかを把握しておきましょう。不動産会社が算出する査定額は、大体3ヶ月程度で売却できる金額です。そのため、査定額がそのまま売却価格になるとは限りませんが、これを把握しておくことで、資金計画を立てやすくなるでしょう。

不動産会社による査定は仲介業務の一環であり、無料で利用できます。そのため、査定を受けたからといってお金がかかるわけではないので、どれくらいの金額で売れるのかを知りたい場合には、査定を利用してみると良いでしょう。

また、査定を受けたからといって、必ずしもその不動産会社で売却をしなければならないわけではありません。提示された条件に納得ができない場合は、別の不動産会社に査定を依頼し直して、好条件を提示する業者を見つけることがおすすめです。

一括査定サービスを利用する

不動産査定は業者によって提示する結果が異なるので、複数社で比較することが大切です。最初の1社だけで決めてしまうと、低い条件で売却することになり、場合によっては損をすることもあるので注意しなければなりません。

複数社で効率的に比較をするには、一括査定サービスの利用がおすすめです。一括査定サービスは、ネット上で利用でき、24時間無料で査定の申請ができます。不動産の情報を登録することで、一度に複数社から査定を受けられるので、効率的に査定結果の比較ができる点も魅力です。

不動産を売却する際には、最低3社程度を目安にすることがおすすめであり、一括査定サイトを利用することで、スムーズに売却活動を進められるでしょう。

一括査定サービスはイエウールがおすすめ

一括査定サービスは数多くありますが、その中でもイエウールがおすすめです。イエウールは一度に最大6社から査定を受けられます。同時に複数社から査定を受けることで、業者ごとの条件を比較しやすく、効率的に利用する不動産会社を見つけられるでしょう。

また、提携している不動産会社は1,600社以上と多く、豊富な選択肢から業者を選定できることもイエウールの魅力です。また、提携している業者はすべて優良業者であり、悪徳業者を排除しているので、安心して利用できます。

多数の選択肢からより良い不動産会社を見つけられるので、自分に合った業者を見つけて、好条件での売却を目指しやすいです。

よく考えてからつなぎ融資の利用を決めよう

不動産を購入する際には、住宅ローンを利用するだけではなく、一時資金を確保するためにつなぎ融資を利用することもおすすめです。つなぎ融資を利用することで、土地の購入や注文住宅の建設などにかかる費用を捻出でき、不動産を購入しやすくなります。

ただし、つなぎ融資は通常の住宅ローンよりも金利が高く、支払いが苦しくなってしまうこともあります。利用が必須なわけでもないので、状況に合わせてつなぎ融資を利用し、少しでも好条件で住み替えをしましょう。
他にも、詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?