解体費用の相場ってどのくらい?|内訳や費用がかさむ理由も解説

解体費用の相場ってどのくらい?|内訳や費用がかさむ理由も解説
土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

家屋の取り壊しは、解体業者に依頼して工事してもらうのが一般的です。そもそも解体費用はどのくらいのかかかるのか、解体業者選びはどのようにすれば良いのでしょうか。

解体費用は、家屋の取り壊しはもちろん、それに付帯する工事も発生し費用が発生します。悪質な業者に依頼してしまうと高額な費用が請求されたり、安い価格でも質の悪い工事をされたりする危険があるため、安心して任せられる業者を選ぶことが大切です。

ここでは、解体工事に必要な費用の相場や、解体業者を選ぶポイントなどについて解説します。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

構造別の解体費用相場


土地活用をしたいと思っても、土地の上に建っている建物がネックになってしまうこともあります。新しく家を建てるために住宅ローンを組んだとしても、解体費用はローンに入れることはできず、自分で用意しなければなりません。

解体の費用は、建物がどんな構造をしているのかによって変わり、一坪いくらかで決められています。それぞれの構造の解体費用についてみてみましょう。

木造の解体費用

木造建築の場合、1坪当たりおよそ3~5万円が相場と言われています。例えば、40坪の建物を解体した場合、解体にかかる費用は約160万円ということになります。

一般的な木造の一戸建てであれば、解体費用は150万円前後が相場だと認識しておくと良いでしょう。解体用の重機を入れることができれば、壊しやすい素材なので、時間や日数も短くて済みます。

鉄骨の解体費用

鉄骨建築では、1坪当たりおよそ3万5,000円~5万円が相場です。鉄骨造建築には、軽量鉄骨造と重量鉄骨造の2種類があります。

一般住宅で使用されるのは軽量鉄骨造で、重量鉄骨造はビルや高層マンションなどで使われます。構造に使われているものが木造よりも頑丈で壊しにくい点が、木造建築よりも高額になっている理由と考えられるでしょう。

鉄筋コンクリートの解体費用

鉄筋コンクリート建築では1坪当たりおよそ4万~8万円が相場です。木造建築のケースよりも高くなる理由には、建物が頑丈だということが考えられます。

コンクリートを使った建物は、コンクリートを壊す専用の重機を入れなければなりません。木造建築よりも解体するのに時間や日数がかかってしまうことや、重量のある廃材が出ることも費用が高くなる理由として挙げられます。

解体費用が高くなる主な理由


解体費用は坪単価で示されることが多いですが、全国一律で同じ単価ではなく、立地条件や解体時の状況などによって大きく変動します。費用に影響を及ぼすものとしてどんなことが挙げられるのがみておきましょう。

土地の場所

物件付近の状況は、解体費用に大きな影響を及ぼすと考えておきましょう。物件付近の状況とは、周辺の建物や道路の状況などが挙げられます。

閑静な住宅地で解体作業を行う際は、防音や振動への対策が必要になり、費用が高額になる傾向があります。

また、解体工事では振動によって近隣の建物のひび割れを招いてしまう危険があるため、近隣の建物が近い密集地などでは重機が使えず手作業での解体になることもあり、手間や時間がかかる分費用がかさんでしまいます。

解体をスムーズに進めてくれる重機が通れない道路や狭小敷地なども、重機を使った解体作業が行えず手作業で進めることが増え、費用が高くなると予想しておくと良いでしょう。

地中の中に撤去物がある

地下室のある物件では、地下室のない物件と比べて解体費用が高額になります。同様に、地中にコンクリート杭や緯度、その他廃材などがあり撤去が必要なケースは解体費用に影響を及ぼします。

実は地中障害物を壊すとなると、解体費用が一気に跳ね上がるため、昔は地下部分を残したままにしていた物件が少なくありません。

過去の土地の使用履歴を見れば地中障害物があるのかも分かりますが、もし地中障害物があることが分かっている場合は、早めに解体作業をしてくれる施工業者に伝えておくことがおすすめです。

解体業者が元請業者

どの解体業者に依頼するのかによっても解体費用は大きく変わります。例えば、依頼した解体業者が元請けだった場合と下請けだった場合でも費用は変わってきます。

元請け業者だった場合、さらに下請け業者に依頼して作業を行うことが考えられるため、仲介料が上乗せされる可能性があります。

また、元請け業者は解体作業に必要な重機などを保有していない会社も多く、元請け業者が自分達で解体作業をするとなると必要な機材を借りてくることになり、リース料が発生し加算されます。

アスベストが使われた建物

アスベストは、1975年以前の建物には断熱材として使われていました。しかし発がん性物質を含むことから現在では使用が禁止されています。

もし、建物にアスベストが使用されていた場合、飛散しないような解体工事が必要となるだけでなく、専門業者や許可を持った業者でしか解体工事ができません。

特にアスベストの中でも、飛散性アスベストと呼ばれるものが使用されていると、別途アスベストを除去する工程が必要となり、解体費用が一気に跳ね上がります。

場合によっては2倍以上の費用になる

こともあるため、アスベストが含まれているかもしれないと思ったら、施工業者に事前に相談しておくことがおすすめです。

工事時期の天候不良

解体工事は屋外での作業になるので、天候が影響することも覚えておかなければなりません。ただし、通常の雨天であれば解体作業が中止や延期になることはありません。

かなり激しい雨が降って、視界が悪く足元も滑りやすい状況になった場合や、小雨が長く降り続け地盤が緩んでいる場合などは作業が延期になることもあります。

強風の時や積雪がある場合などは中止になることも多いです。台風の時期や梅雨の時期、積雪のある時期に解体作業を依頼する場合は、中止や延期になることも想定しておくと安心です。

天候不良が原因で工事期間が長引いた時は、あとから費用の追加請求をされることがあるので覚えておくと良いでしょう。

家屋以外の解体工事の内訳

建っている家屋を解体するだけが解体作業ではありません。そのため、解体費用として考える際には、坪単価×坪数の総額だけでなく、付帯する工事費用についても念頭に置いておく必要があります。付帯工事としてどのようなものがあるのかチェックしておきましょう。

足場などの仮設工事

解体工事の準備として、仮設工事を行う必要があります。具体的には、足場を設置したり、防音シート・防塵シート・現場周辺の囲いをしたり、工事用電気や水道を準備したりすることが挙げられます。

これらの工事は、近隣への騒音や振動を予防や、間違って人が侵入してしまわないために必須な工事と認識しておくと良いでしょう。一般的に、解体費用全体の約1~2割程度を占めていると言われています。

家屋以外の付帯工事

上記で説明した1坪当たりの坪単価はあくまで家屋を解体する費用になります。ブロック塀や物置、車庫といった外構工事やエクステリアに含まれる部分は、別途費用を計算します。

解体業者によってはきちんと見積もりに記載するケースと、見積もりに記載せずにあとから追加請求してくるケースがあるので、事前に見積もりを細かくチェックしておくと安心です。

解体費用全体の約3~4割を占めている

と見積もっておきましょう。

解体に必要な重機費用と人件費

解体には、専用の重機を運び込まなければなりません。それらの重機は、専用の回収車や大型車に乗せて運搬する必要があるため、その運送費が解体費用にプラスされます。

運送にかかる人件費やガソリン代、重機を所有していない業者の場合は、重機のリース代などが含まれます。「重機回送費」という項目で見積もりに記載されており、3~5万円程度が相場です。

他にも、解体工事に関わる人件費も必要です。これは、工事に関わる人数だけでなく、作業員を拘束するため日数も関係してきます。

工事が長引けば、人件費などで解体費用が膨れあがることもあるので覚えておきましょう。

分類別に行う廃棄物処分費

現在の建築物にはさまざまな材料が使用されています。解体した際には、それぞれの廃棄物を建設リサイクル法にのっとって分類し、破棄しなければなりません。

廃棄物処分費は、解体費用の中でも大きな割合を占める項目で、全体の約4~5割を占めると言われています。ただし、この項目にかかる費用を抑えようとすると、不法投棄をする危険性もあるので注意が必要です。

不法投棄されないか心配な場合は、建設リサイクル法に従って適正に処分されたことを証明するマニフェストを受け取るようにしておくと安心です。

解体後の整地費用

解体工事が完了して大きな廃棄物を処分しても、拾いきれないような細かな破片が散らばっています。それらを土の中に混ぜてしまったり、新しい土に入れ替えたりすることを整地と言い、解体作業はここまでやらなければなりません。

どのような整地にするのかで費用は変わってくるので、石一つ残さない状態にするのか、大きな塊は放置する程度なのかきちんと考える必要があります。

業者によっては、整地費用の説明がないところもあるので、解体作業を始める前にきちんと確認しておきましょう。

手続き費用や諸費用

解体工事を行う際には、各所への届け出や手続きが必要となり、それらに関わる費用も加わります。

また、工事中、工事車両や職人の車両を路上駐車できるわけではないので、工事期間中に月極駐車場を借りたり、コインパーキングなどに駐車する料金も請求されます。

都市部などで工事車両を駐車できる十分なスペースがない場所での解体作業は、駐車場の利用料などで解体費用がかさんでしまう可能性があることを考えておくと安心です。

解体業者を選ぶ際の注意点

複数ある解体業者の中から、どのようなポイントを重視して選べば良いのでしょうか。

悪質な解体業者を選んでしまうと、高額な解体費用を請求されたり、工事内容の質が低かったりと、のちのトラブルの原因になる可能性があるため、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

契約内容や認可などのチェック

解体作業というのは、「何もない状態にする」ことなので、あまり出来上がりの質にこだわる人は少ないかもしれません。

しかし、解体費用の金額だけで選んでしまうと、損をすることにつながったり、近隣に迷惑をかけてトラブルを招いたりする危険もあるので注意が必要です。

まずは解体業者が都道府県から認可されているか、保険に加入しているかどうかをチェックしましょう。多くの業者は許可を得て工事を行っていますが、中には許可を得ていなかったり、加入していた保険が期限切れだったりするところもあります。

解体費用の見積もり額が高すぎたり安すぎたりしていないかどうかもチェックポイントです。費用が高い場合は、依頼した業者からさらに下請け業者に依頼している可能性があります。

そうすると、中間マージン(手数料)を高額に請求していたり、管理が行き届かなかったりするため、契約通りの解体工事が行われない危険もあります。

また、費用が安すぎる場合は、追加請求をされたり、不法投棄や必要書類を発行してもらえなかったりする可能性があります。

契約内容はきちんと書面でやり取りし、不安点や不明点はきちんと業者から説明を受けるようにしておくと安心です。

複数の解体業者を比較する

解体業者はたくさんあるので、一社だけに相談して決めずに、複数の業者に相談をして比較検討するのがおすすめです。

複数の業者に一括で見積もりを依頼をできる「イエウール土地活用」

を利用すると便利です。信頼して任せられる業者を見つけるためにも、契約前の準備として納得のいく業者を選ぶ作業は慎重に行うようにしましょう。

解体工事のために資金準備しておこう

解体工事は家屋の取り壊しだけでなく、それに伴う付帯工事がいくつかあります。そのため、家屋の取り壊しだけを想定して資金を準備していても足りなくなってしまう可能性があります。この記事を参考に、どんな費用が必要なのかをきちんと理解しておきましょう。。

また、解体作業は自分では行えない作業のため、業者に依頼するのが一般的です。そのため、費用や工事の質を左右する業者選びはとても重要です。

納得のいく業者選びをするためにも、イエウール土地活用などの一括査定サイトを利用して信頼できる業者を探しましょう。

【完全無料】最適な土地活用って?